2011年03月06日

ありがとう、サニーブライアン。

2011年3月3日午後10時。
1997年ダービー、皐月賞を制したサニーブライアンが疝痛のため死亡しました。
17歳でした。


昨年1月に、師匠である中尾銑治元調教師が亡くなりました。
そして今またサニーブライアンが逝き、何ともいえない喪失感があります。

でも、正直、実感はあまり無いんですよね。
僕の心の中には今でも、いつでも、鮮やかにその姿が在る。
中尾先生の厳しく、そして誰よりも優しい眼差し。
サニーブライアンのぴかぴかと輝く馬体・・・。

思い出すと胸が温かくなる大切な人たちは、常にそばにいます。


2007.1 106.jpg

僕が最後にサニーブライアンに会ったのは、2007年7月1日。

関西の競馬番組の特集で北海道に行き、当時アロースタッドで種牡馬だったサニーブライアンとともに収録。
とてもやんちゃで、イタズラ好きなのは変わらなかった。
仕草や表情から、僕のことを覚えてくれていることが伝わってきました。

その年に種牡馬を引退、アエルさんで余生を過ごすことになり、それからは会っていません。
それでもファンの方が会いに行ってくださり、元気でいると聞いていたので安心していました。
とても大切にされていたようですね。


2007.1 047.jpg

いつの日か、サニーブライアンとともに暮らすのを夢見ていました。

それが可能かはわからないけれど。
迎える環境が整ったら、所有する方にお願いして譲っていただこうと考えていた。
誰にも話していない、僕だけの夢。
いつか叶うと信じていましたが、幻となってしまいました。



サニーブライアンにかける言葉はひとつしかありません。



ありがとう。



本当に、ありがとう。






騎手として生涯に一度、到達できるかどうかの「頂(いただき)」まで導いてくれた。
馬主の宮崎氏のご理解や厩舎スタッフの努力もあり、一世一代の大勝負に勝つことができた。
生まれてきて良かった。
騎手になって本当に良かった。
いつか僕がこの世を去るときが来ても、思い残すことのない人生だったと心から言える。

それほどの想いを与えてくれたのは、サニーブライアンです。







僕はあまり非現実的なことを信じない性格です。
けれどもしも。
もしも天国というものがあるのなら。

思い切り駈けまわって、楽しく過ごしていてほしいと願う。










最後に。

アエルの皆様、今までありがとうございました。
主戦騎手というだけで、僕はサニーブライアンに何もしてあげられませんでした。
皆様をはじめ訪れるファンの方にも愛されていたこと、心よりお礼申し上げます。


大西直宏





IMG_0972.JPG

サニーブライアン 1994年4月23日生


サニーブライアンは96年に中尾銑治厩舎(美浦)からデビュー。
その競走馬の背には、大西直宏元騎手しか乗っていません。

皐月賞は11番人気と低評価、勝って臨んだダービーでも6番人気でした。
しかし戦前の大西騎手の強気な逃げ宣言どおり、ダービーでも逃げて2冠を達成。
09年のロジユニヴァースが勝つまでは関東勢としては最後のダービー馬でした。
ダービー後に骨折が判明し、その後に屈腱炎が判明し、引退。


JRA通算10戦4勝

種牡馬成績:03年愛知杯(GV)カゼニフカレテ、05年中日新聞杯(GV)グランリーオ







07年には種牡馬を引退。
北海道浦河町の乗馬体験型宿泊施設・うらかわ優駿ビレッジ「アエル」にて、引退功労馬としてけい養され、多くのファンが訪れていたようです。

「100,000人の歓声をどよめきに変えた馬」

そんな紹介ページを目にしたことがあり、思わず笑みがこぼれました。
馬の中でも一番若く元気で、やんちゃな性格だったとのこと。







三宅アナウンサーの声がこだまします。



これは、もう、フロックでも、なんでもない!

二冠達成!!!サニーブライアン!!!!!!!!




あの逃げは、忘れない。














posted by ニッシー at 09:41| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

癒されてます

大西先生は、馬が好き。

特に仔馬。

もう、大好きでたまらないようです。



もともとテディベアのようなクマの仔とか。
コロコロした、パンダの仔とか。
大きな動物の赤ちゃん特有の丸みのある、あどけない顔が好き。
脚が短くてミニチュアな姿が、愛らしく思うようです。

IMG_8886.JPG
なので最近は、ミニサイズのマーブルがお気に入り揺れるハート

IMG_8869.JPG
明け2歳とはいえ、仕草や性格がまだまだ子供で、とても可愛いとのこと。
お昼など、時間があれば、放牧中のマーブルにこっそり会いに行きます。


IMG_8875.JPG
チョイチョイ。
「何だよ?」・・・先生、嬉しそうるんるん

馬と接するときは威圧感を与えないよう、同じ高さまで屈んで安心させます。

IMG_8883.JPG
はむっダッシュ(走り出すさま)

IMG_8890.JPG
どんどん攻められてますよ〜〜ハートたち(複数ハート)


IMG_8894.JPG
「よし、乗ってみるか。」体重50sの先生なら大丈夫かな?

IMG_8897.JPG
先生手(パー)マーブルが嫌がってます〜!!

IMG_8898.JPG
「あったらーっ(汗)
ちゃんと跨る前に、スルスルと逃げられました〜〜あせあせ(飛び散る汗)






先生が朝7時前に学校に着いて、最初にやること。

明け2歳の競走馬(予定)たちの馬房に敷いてある寝藁を干します。

IMG_8863.JPG
お天気が良いので、冬とはいえ午後1時過ぎにはカラカラになります。
さすが、藁の扱いは慣れてますね〜。


「そりゃ馬事公苑(騎手候補生)時代や若手のころは、毎日1人で何頭も担当してたからね。」


敷き方もキチンとしないと気持ち悪いようで。
IMG_8866.JPG
新しい藁を足して、フッカフカに仕上げます。
「すり鉢状に、外側を高くしてあげるんだよ。」へぇ〜。気持ち良さそうですね。

最近は騎乗している先生の姿を見る機会が減りましたが。

こういう一面が見られて、けっこう面白いです。



posted by ニッシー at 12:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

2011年は。

こんにちは。

大西です。

DSC09617.JPG


2009年に開校した国際馬事学校、今年で3年目を迎えます。



1年目は、全てが初めてのことばかりで、手探りしながらの年。

生徒とスタッフが力を合わせ、少しずつ形も中身も作り上げてきました。
また1年目にして、素晴らしい結果を残すこともできました。
JRA競馬学校騎手課程1名、地方競馬教養センター騎手課程で2名、合格者を出すことができました。




2年目の昨年。

進級した生徒たちは、進路に沿った内容で学び始めました。
乗馬選手・インストラクターコースは騎乗者資格を取得したり、競技会に出場。
厩務員・牧場コースはモンキー乗りを学び、その後に牧場での研修。
ひと回りもふた回りも大きく成長しました。
新入生が加わって、指導の方法・信頼の大切さなどを身につけました。
その新入生も、慣れない環境の中で一生懸命勉強し、見違えるように逞しくなりました。




そして3年目。

今年は、初めての1年目・成長する2年目とは違います。
2年制の専門課程の生徒たちが社会へ出なければなりません。
それに、JRA競馬学校厩務員課程を受験することができるようになるため、その準備もあります。
乗馬コースの生徒も、今年は競技会に積極的に出場するでしょう。



2011年は、成果を求められる年。

そう認識しています。

必ず結果を出さなければいけない。

そのため、これ今で以上に気を引き締めて取り組んでいきたいと考えています。






乗馬技術のこと。
進路のこと。
学科の単位のこと。
寮生活のこと。
プライベートなこと。

多感な年頃の生徒たちには、いろいろな悩みがあるでしょう。

力になれる存在、友人以外の大人のサポートが、彼らには必要です。
しかし保護者様や友人と離れて生活する生徒たちには、身近な大人は私たちしかいません。




生徒の信頼を得られる存在になりたい。

そう思い、これからも努力していきます。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。







国際馬事学校 学校長 大西直宏






posted by ニッシー at 12:34| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。