2010年05月11日

喝!

週の初めの月曜日。
DSC04102.JPG
なんとなく、騎手班の生徒たちも大西先生も気合が入っているように見えました。

「今日、騎手班の生徒を呼んで、喝を入れたからね。・・・かなりキツク言っちゃったかも。」


その理由のひとつは体重管理です。

DSC03330.JPG
これは入学式後の画像です。大西先生は、まず体重管理について、アドバイスや説明をしました。

「一気に落とそうとしないで、少しずつ身体を絞るように。」



単に体重を落とすだけなら食べなければいいわけですが、騎手になるには、それでは失格。
競馬学校では、どんどん筋肉もついて、たくましくなります。
小柄で体重が全く問題ないのであればいいのですが・・・。

第一、騎手として生きていこうとするなら、節制するのは当たり前。

そうしなければ、何年も何十年も騎手をしていくのは無理です。
だから今のうちに、減量・我慢に慣れておかないといけません。


DSC04149.JPG
ここで、入学当初から1週間ごとに見てみましょう。

・Aくん 47.7s→46.5s→47.3s→47.5s→47.7s
・Bくん 46.4s→45.7s→46.1s→46.6s→47.0s

1ヶ月経っても、絞れていませんね。
体重は毎朝大西先生がチェックします。皆も気にしているはずなのに、何故?



また、増えていることも問題なのですが、何より悪いこと。

「変動しすぎること」だそうです。




グラフを見ると一目瞭然なのですが、体重がその日によって全く違います。
入学直後は、ずいぶん頑張ったのでしょうね。

2〜3日で1〜1.5s減らしてみたり。
でもリバウンドし、1s減っても2s増えてしまって、そしてまた減量を始め・・・。
しかし休みを挟んだり、その日の食事によって、また上下してしまいます。


それではダメ。
減量しすぎて体調を崩してしまうこともあるので、無理はいけません。




ほんの少しの我慢。そして運動。


作業を一生懸命したり、いつもより一口分だけご飯の量を少なくする。
食事はしっかりとっても、間食やジュースは禁止。
そんな当たり前の減量法で良いのです。



理想は、変動してもプラスマイナス500g以内!
例えば先ほどのAくんならば。
・47.7s→47.4s→47.0s→46.7s→46.3s→45.9s

こんな減り方が最高です。
このように、1ヶ月で1sずつ減らしていけたら良かったのですが、すでに1ヶ月が経過してしまいました・・・。
大西先生には、この「1ヶ月」が重要でした。


「1ヶ月は様子を見よう、それで変わらなかったら言おう。」

大西先生はそう考えていたそうです。
そして1ヶ月が経ち、生活態度や姿勢などを含めた全てのことに対し、「喝」を入れたわけです。




「馬乗りを教えるのはいいんだけど。

本当は、態度とか体重のことで、口うるさく言いたくないんだよね・・・。」


DSC04103.JPG
馬に乗ったり、レッスンの時が一番気がラクだという先生。
確かに先生は、怒るのが苦手な性格。
自分が生徒ならガミガミ言われたくないだろう、というのもあるようですね。



・騎手になるというのは甘い考えではやっていけない。

・やる気、根性、素直な姿勢、体力、技術、センスを身につけていなければ騎手には向かない。

・キツイと思わず、「これが当たり前」と思わなければ、周りのヤツについていけない。


他にもいろいろ話したのですが、厳しい口調で諭したそうです。
それは騎手班の生徒の胸には、深く深く刻み込まれたことでしょう。
これからの彼らに期待しましょう!


posted by ニッシー at 17:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよダービーですね!!!!
校長もダービーとられたんですよね!?

楽しみです!!
Posted by monkey at 2010年05月27日 19:20
大西さん、管理人さんこんばんは。
お久しぶりです。お元気でしたか?
夢のためならきっとどんなことも耐えられるでしょうね。一つ我慢すれば一ついいことがあると思うので。
明日はいよいよダービーですね。
今から楽しみです。
大西さんのようなダービージョッキー目指してみんな頑張ってください。
Posted by たか at 2010年05月29日 21:17
>>monkey さん
1997年ダービー・・・もう13年も前のことになるんですね〜。
やはり「ダービージョッキー」の称号を得られるのは、何よりも誇らしいと言いますね。
大西先生も毎年、ダービーだけは特別な想いで観ているそうです。

>>たかさん
ご無沙汰しております(汗)
今年はハイレベルなメンバーが集まって、先生はとても楽しみにしていました。
残念ながら本命馬は勝てなかったのですが・・・。
いつか本校の卒業生がダービーで騎乗できたら、先生、すごく感動するんでしょうね♪
昨年の伴ちゃんたちのように、騎手になれる道をつかみ取れると嬉しいです。
Posted by 管理人 at 2010年07月14日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。