2010年03月19日

生涯一度の韓国競馬

3月18日。
国際馬事学校に韓国馬事会の方々がいらっしゃいました。
視察メンバーの羅さんと大西先生は古い知人です。
先生が国際馬事学校の校長を務めていることを知り、ご連絡を下さったのです。

一通のメールから実現した13年ぶりの再会。
DS00512.JPG
出会いは1997年。
大西先生が韓国競馬に招待された際に、現地を案内して下さったのが羅さんです。

IMG_0814.JPG
これがその当時のお二人。先生も羅さんも、お若いですね〜ぴかぴか(新しい)



1997年9月28日 ソウル競馬場
・第6R・・・日本騎手招待競走(ダート1800メートル)
・第9R・・・JRAトロフィー(ダート1800メートル)


大西先生はこの2鞍に騎乗し、両レースで1着という素晴らしい成績をおさめました。

騎乗馬は抽選によって決まります。
メインである9Rレース出走メンバーには、とても成績の良い1番人気の馬がいました。
もちろんその馬に当たれば一番良いのですが。

「もしその馬以外なら、この馬に乗りたいなぁ。」

そう思っていたところ、抽選で決まったのが、その2番目に乗りたかった馬でした。
(その馬の名は失念・・・。)
IMG_0816.JPG
そしてレースでは圧倒的1番人気馬を下し、見事1着手(チョキ)(真ん中の赤い勝負服「11」ゼッケン)

これがその9R「JRAトロフィー」の優勝トロフィーです。
IMG_0773.JPG
今でも先生の自宅で、日本ダービーや皐月賞の優勝カップとともに輝いています。(一番左)
(あとジャパンダートダービー、皐月賞、東京優駿、切れてますが昭和55年度最優秀新人騎手賞)

IMG_0775.JPG
「第6回JRAトロフィー競走 勝利騎手」アップで見るとよくわかります。

IMG_0786.JPG
ウィナーズサークルでの1枚。確かにこのトロフィーですねひらめき

IMG_0778.JPG
頂いた記念品は、可愛いガラスのお馬さん♪ハングルが読めないのが残念ですたらーっ(汗)


26年間の騎手人生で、たった1度の韓国競馬。

慣れている日本の競馬場とは雰囲気も馬場も全く違い、新鮮だったようです。
しかも2戦2勝の戦績ですから、良い思い出しかありません。
機会があれば、今度は観客として観に行きたいですね♪






posted by ニッシー at 20:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/trinity-x3/
Excerpt: 大西直宏のBajiーDiary
Weblog: http://www.valras-plage.net/trinity-x3/
Tracked: 2016-12-03 15:35

venusgood.com
Excerpt: 大西直宏のBajiーDiary
Weblog: venusgood.com
Tracked: 2017-01-06 00:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。