2009年10月05日

試験に向けて

レッスン中の大西校長。
生徒一人一人に丁寧に指導しています。
DSC05635.JPG
大西先生、JRA競馬学校の二次試験、いよいよ今週ですね!
受験する生徒は、レッスンでも何か特別なことをしているのでしょうか?

「いや別に何も。あとは体調に気を配るだけ。マスクを着用するよう言ってあるくらいかな。」

なるほど。
万が一インフルエンザなどに感染してしまったら、試験を受けられなくなってしまいます。
二次試験では乗馬もありますが、それはもうジタバタしても急激に上達するわけではないし。
今までの成果を試験官の方たちに見ていただくだけです。
確かに体調が一番大切なことかもしれませんね。

「しかし、一次試験に2人が合格したというのは凄いことだよね…。」

しみじみと語る先生。
全国から百数十人も集まって、その中で20人程度しか一次試験を通過できません。
最終的に騎手課程に入学できるのは、ほんの10人足らず。

そう考えると、騎手になるというのは本当に難しいことですよね。
そのチャンスを掴んだ2人の生徒。
試験では悔いが残らないよう、全力を出し切ってもらいたいものです。


DSC05659.JPG
レッスン後に、休養先から戻ってきた馬の感触を確かめる大西先生。

最近は、馬の飼糧の配合や量にかなり神経を遣っているそう。
それによって馬体がかなり変わってくるので毎日気が抜けません。
校長に就任して、今までの経験で得た知識をフル活用しています。


忙しい方が充実して楽しい、という先生は、生徒にも学科やレッスンでビッシリのスケジュールを組みましたあせあせ(飛び散る汗)

「でも、たまには息抜きもしないとね。」

そういえば先月のスポーツ遠足を提案、即実行に移したのも大西先生でしたね。
では、近いうちにまた何かイベントを考えているのでしょうか?
DSC05873.JPG
池田先生とも、連日なにやら相談している様子ですが。

「それは当日のお楽しみ。」

ということで、その時まで待っていることにしましょう♪




posted by ニッシー at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

yahooから、この国際馬事学校のHPに飛んできました。

今回、初めて拝見させていただきましたが、生徒さんの教育風景の様子などをブログにして報告する。すごくいいシステムですね。

親御さんもきっと安心してもらえると思います。

自分は、京都の淀競馬場の近くに住んでいて、よく京都競馬場に競馬を見に行ってました。

大西校長とサニーブライアン号のダービー制覇が印象に残っています。
皐月賞で、初めてサニーブライアンの逃げ切り勝ちは驚きました。
そしてダービーも…。

感動しました。今、あのシーンを思い出すだけでも、胸が熱くなります。

本当は、菊花賞も来てほしかった。京都競馬場で3冠になって、ガッツポーズをする大西校長が見たかったです。
それだけが非常に心残りです。

これから、「大西ism」を継承した生徒さん達がジョッキーとして中央に出てくるのを期待しています。
生徒さん達の中から、校長が成しえなかった3冠を達成してくれる事を願っています。

日々、寒くなってまいりますが、お体をご自愛ください。

また、ブログを楽しみにしています。
Posted by ファル♪ at 2009年10月12日 22:10
>>ファル♪さん
はじめまして!!
温かいお言葉、心よりお礼を申し上げます。
大西校長は現役時代と変わらない気持ちで、毎日を楽しく過ごしています!
あの年の菊花賞、サニーブライアンならもしかして3冠も…と思わずにはいられませんよね。
けれど大西校長は「ダービーを勝ったことで、人生に悔いは一つも無い。」と断言しています。
生徒たちも、その精神には学ぶところが多いでしょう。
どうぞこれからも大西校長、我が校の生徒たちをよろしくお願いいたします!
Posted by 管理人 at 2009年10月15日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。