2011年02月05日

癒されてます

大西先生は、馬が好き。

特に仔馬。

もう、大好きでたまらないようです。



もともとテディベアのようなクマの仔とか。
コロコロした、パンダの仔とか。
大きな動物の赤ちゃん特有の丸みのある、あどけない顔が好き。
脚が短くてミニチュアな姿が、愛らしく思うようです。

IMG_8886.JPG
なので最近は、ミニサイズのマーブルがお気に入り揺れるハート

IMG_8869.JPG
明け2歳とはいえ、仕草や性格がまだまだ子供で、とても可愛いとのこと。
お昼など、時間があれば、放牧中のマーブルにこっそり会いに行きます。


IMG_8875.JPG
チョイチョイ。
「何だよ?」・・・先生、嬉しそうるんるん

馬と接するときは威圧感を与えないよう、同じ高さまで屈んで安心させます。

IMG_8883.JPG
はむっダッシュ(走り出すさま)

IMG_8890.JPG
どんどん攻められてますよ〜〜ハートたち(複数ハート)


IMG_8894.JPG
「よし、乗ってみるか。」体重50sの先生なら大丈夫かな?

IMG_8897.JPG
先生手(パー)マーブルが嫌がってます〜!!

IMG_8898.JPG
「あったらーっ(汗)
ちゃんと跨る前に、スルスルと逃げられました〜〜あせあせ(飛び散る汗)






先生が朝7時前に学校に着いて、最初にやること。

明け2歳の競走馬(予定)たちの馬房に敷いてある寝藁を干します。

IMG_8863.JPG
お天気が良いので、冬とはいえ午後1時過ぎにはカラカラになります。
さすが、藁の扱いは慣れてますね〜。


「そりゃ馬事公苑(騎手候補生)時代や若手のころは、毎日1人で何頭も担当してたからね。」


敷き方もキチンとしないと気持ち悪いようで。
IMG_8866.JPG
新しい藁を足して、フッカフカに仕上げます。
「すり鉢状に、外側を高くしてあげるんだよ。」へぇ〜。気持ち良さそうですね。

最近は騎乗している先生の姿を見る機会が減りましたが。

こういう一面が見られて、けっこう面白いです。



posted by ニッシー at 12:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。