2010年08月31日

つながる血と想い

2010年8月22日。
小倉競馬第4Rでトーホウペッグ(牝2)がデビューし勝利を挙げました。

この馬の父はカルストンライトオ。
毛色は母親と同じ芦毛ですが(ライトオは黒鹿毛)、ダート中距離を中心に走っていた母に対し、トーホウペッグが勝ったレースは芝1200M。
脚質は父に似ているのでしょうかぴかぴか(新しい)


ご存知の通り、カルストンライトオは大西先生にとって思い入れがある馬。
その産駒となると、やはり気になる様子ですね。
しかもトーホウペッグ、父だけではありません。
その母のトーホウユカコにも騎乗したことがあります。

1998年の新潟。
4歳(当時の馬齢表記)未出走戦で、2番人気で1着という素晴らしい結果。
乗ったのはその1戦だけでしたが、自分が乗り勝った馬というのは特別ですからね。



最近やってきた、このジュピター(牡3)もそうです。

DSC07059.JPG
競走馬時代の名はメイスンノミネート。
父はアグネスデジタル、母はラックウイナーです。

そのラックウイナーのデビュー2戦目で大西先生が騎乗しました。
1番人気で1着。
ラックウイナーには、主戦とは言えないまでも全部で4度騎乗し、1着1回3着1回。
なかなかの好成績ですよね♪

DSC07057.JPG
ラックウイナーの仔。これからはジュピターとして、第2の馬生を送ります。
大西先生、可愛がってあげてくださいね!!




他にも、サニーブライアンと縁のある馬もチェック。

甥であるサニーサンデーは重賞に出走するオープン馬なので応援にも力が入ります。
少し前の話ですが、サニーに縁がある馬を応援するサイトを見つけ、とても嬉しそうでした揺れるハート
応援してくださるファンがまだおられることに感動し、思わず本名でコメントを書いてしまったのことです。
管理人さまは、びっくりしたでしょうね〜。
本当に本人なのかな?と半信半疑だったのでは・・・。




人も馬も、現役を退いてもその血は受け継がれていきます。
そして想いも。








さて。
人見知りでクールな性格の先生ですが、馬に対する愛情は人一倍です手(パー)
DSC05695.JPG
放牧中のジャスパーの口びるをウニョ〜〜ン・・・あせあせ(飛び散る汗)「馬の口は柔らかいんだよ♪」

特に自分が担当するジャスパーとジュピターは可愛いらしいです。

朝は放牧か、自分で乗って調教。
日中は自ら用意したシャンプーを惜しげもなく使い、たくさんの泡で丁寧に洗う。
洗ったあとの拭き取りも、とても時間をかけます。
(水分はしっかり拭き取らないと病気の原因になるので厳しいのは当たり前ですが。)

まぁ先生の場合、愛情というか、馬を何よりも優先させるのは『当然』のこと。
手入れは完璧にし、飲み水は常に清潔なもので満たされているのが当たり前です。
だから生徒が手抜きをするととても怒ります・・・。

DSC05693.JPG
馬相手には、しょっちゅう話しかけたりもして。口数が多くない先生には珍しい光景ですね。

DSC05705.JPG
馬は、先生の人生にはなくてはならない存在。できれば一生、馬と関わっていきたいと考えています。


posted by ニッシー at 13:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。