2010年04月10日

騎手になる夢があったから。

4月6日、栃木県那須塩原市。地方競馬教養センター入所式。

DSC03110.JPG
愛弟子とも言える騎手班の2人、渡邊光くんと鴨宮祥行くんぴかぴか(新しい)

ジョッキー候補生として入所する2人の門出を祝うため、大西先生が駆けつけました。
前日にセンターの所長さんに許可をいただき、2人には内緒にしていました。

「明日入所式を迎えます。」
そう報告するために、前の日に大西先生に電話をかけた鴨ちゃんですが・・・。
先生はすでに寝てしまっていて(夕方6時ですが…)、話せなかったとのこと。


センターは携帯電話禁止。現金をもつことも許されないためテレカだけだそうです。
公衆電話が唯一、家族や友達と話ができる手段なのです。
ネットやメール、ゲームに音楽など、当たり前に携帯で情報を得ている現代っ子には想像できないでしょう。


「僕の頃には無かったし、規律が厳しいのも当然だと当時は思ってたからね。」

月に数度の外出日、お小遣いを貰ってお菓子を買いに行くのが楽しみだった馬事公苑時代。
お腹が空きすぎて馬のニンジンを盗み食いしたことも。
今ニンジンが嫌いなのは、その時に食べ過ぎたからだそう。
(確か、武豊騎手もそんなことを話していたと記憶しています。皆、同じですね。)


鬼のように厳しい教官に鍛えられた思い出も。
でも、その滅多に褒めない、怖い教官にボソッと言われた言葉。
「大西、上手くなったな。」
それを聞いた時に震えがくるほど感激したことも。
まるで昨日のように思い出されます。

DSC03139.JPG
先輩候補生のモンキー騎乗を楽しそうに眺めます。
来年は光くん&鴨ちゃんが、モンキー乗りをする姿が見られるはず。

「この教養センターは、馬事公苑時代に見学で来た以来かな。意外と近いよね。」

北関東道が東北道につながったので、稲敷市の国際馬事学校から2時間弱で着いてしまう場所。
また来ましょうね。



DSC03117.JPG
「また会いに来るから。」と声をかける先生に、「キツイけど頑張ります!」そう約束する2人。
再会を楽しみに、センターを後にしました。




最後に大西先生の言葉をそのまま。


辛いことがあっても、これを乗り越えれば絶対に騎手になれるんだ。
そう思えばどんなことでも耐えられる。
ここに入所できたということは、間違いなく騎手になれる道を歩んでいるのだから。


僕は騎手になることしか頭に無かったから、頑張れた。
頑張る、て言葉は好きじゃないけど。
だって。
頑張るというか、当たり前のことを当たり前にやってきただけ。
その当たり前のことを「すごく頑張った」なんて自分で言いたくないからね。

騎手になるための訓練が厳しいのは当然。
でも、それ以上の喜びが騎手にはある。
レースで勝利する快感は、騎手にならなければ味わえない最高のもの。
それを2人にも、いつか体験してもらいたい。



夢が大きければ大きいほど、努力は比例する。




posted by ニッシー at 14:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。