2010年01月17日

中尾銑冶元調教師死去

16日、突然の訃報が飛び込んできました。
中尾銑冶元JRA調教師が逝去されたとの報、大西先生は言葉を失いました。

「もう何年もお会いしていないけど、やっぱりたった一人の師匠だから…。」

中尾師は、97年の皐月賞・ダービーを制したサニーブライアンの管理調教師でした。
大西先生と、大西先生が騎手時代に所属していた中尾厩舎。
そこには、ともに日本ダービー制覇の栄光を手にしたという永遠の絆があります。

昔は現在とは違い、若い騎手が師匠の住む厩舎に住み込むことは珍しくありませんでした。
大西先生も初めは中尾厩舎で生活していたそうです。
中尾師の奥様が毎日食事を作って下さり、皆でそれを頂き、まるで厩舎が一つの家族のような雰囲気。
父と息子、先生と生徒などとは、また違う関係の「師匠と弟子」。
そこには他人にはわからない、本人たちだけの世界があります。

今はただ、恩師の死を悼む大西先生。


中尾師のご逝去の報に接し、ご生前のご功績に敬意を表し謹んで哀悼の意を表します。


posted by ニッシー at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

バランス感覚

この連休は、冬季合宿にスポーツ少年団に生徒のレッスンにと、大忙しだった大西先生。
DSC00523.JPG
合宿ではモンキー乗り体験もあり、合宿生に喜ばれました♪

DSC00570.JPG
スポーツ少年団は、小1のYくんが軽乗鞍での騎乗です。
通い始めて数ヶ月、だいぶ馬のリズムに慣れてきました。
大西先生も軽乗鞍を使って、いろいろなことにチャレンジさせていました。
DSC00577.JPG
でもまだまだ、先生との2人乗りが1番楽しそうなYくんですね手(チョキ)

「1番大事なのは馬上でのバランス感覚。」
大西先生がよく言う言葉です
この感覚が優れている人とそうでない人は、上達の早さが全然違うそうです。
スポーツ少年団のように、幼い頃から馬のリズムに親しみバランス感覚を養うのが1番。
…ですが、やはり本人のやる気次第。
乗馬を始めるのが遅いからといって、嘆く必要はありません。
努力して感覚を磨けばいいのです。

何事も、やる気が大切。
人間というのは、そこに気持ちが無いと、何も成すことができないような気がします。
何かに挑戦するのは勇気が要りますが、気持ちを強く持ち、自分の道を歩んでもらいたいものです。
ホースマンを目指す少年たち、頑張って!

posted by ニッシー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

大西先生、今年もよろしく♪

「明けましておめでとうございます!」大西先生、今年もよろしくお願いします♪
DSC00272.JPG
寒そうな格好ですが、とても元気な先生。

「年末に休ませてもらったし、頑張らないとね。」

学校での厩舎作業からスタートした2010年。
久しぶりに数多くの馬房掃除をしたせいか、筋肉痛に襲われた年明けだったそう。
普段は生徒1人につき1〜2馬房を担当していますが、先生たちは1人10馬房も!
馬糞(ボロ)をとり、新しい床に取替え、飼い桶・水桶を洗って乾かし、馬糞を運び出す…。
実際やってみると汗びっしょりになるくらいの運動量なんです。

騎手時代はどんなにハードな騎乗でも筋肉痛知らずだった先生が、何十年ぶりかに筋肉痛になりました。
「騎乗に使うのとは違うところが痛くて…。でも2〜3日で痛みはとれたよ。」
回復が早く、まだまだ身体年齢は若い先生なのでした。


でもようやく冬休み第1グループが帰って、通常の生活が始まりましたね!
DSC00292.JPG
今日はお天気が良くてレッスン日和♪生徒たちをいじって楽しそう。

DSC00278.JPG
「何か報告はありますか?」「…ありません。」ズイズイッと詰め寄って。
集合・整列の時にはこんなシーンも見られました♪

厩務員や牧場志望の生徒たちは今年からモンキーレッスンが始まります。
その後には牧場研修も。
先生もますます忙しくなるでしょうが、いよいよモンキー乗りのプロとして本領発揮ですね!

今年も良い1年になるよう、みんなで頑張りましょうね!




posted by ニッシー at 14:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。