2009年11月23日

思い出の血統、思い出のレース。

大西先生は引退した今でも、もちろん競馬は見ています。
なかなか競馬場へは行けませんが、TVや新聞を見て、予想や結果チェックを欠かすことはありません。

週明け、何となく機嫌が良さそうな先生。
IMG_6855.JPG
「サニーサンデーがね、土曜日(21日)の重賞、福島記念を勝ったよ。」

サニーサンデーは、大西先生が騎乗し2冠馬となったサニーブライアンの甥にあたります。
サニーブライアンと母(サニースイフト)を同じくする半妹サニークラッシックがサニーサンデーの母。

「サニーの勝負服が重賞を勝つのは久しぶり。すごく嬉しいね。」

大西先生にとっては思い出深いどころか、騎手人生を輝かしいものにしてくれた運命の勝負服です。
その同じ馬主さんがその血統で、今でも競馬場で活躍しておられるのをとても喜んでいる様子。
何年経とうが色褪せない思い出、何があっても揺るがない絆。そういうものを感じました。

またその血統に加え、福島記念も、大西先生にとっては思い入れのあるレースなのです。
IMG_6908.JPG
2001年 第37回福島記念 ミヤギロドリゴ 大西直宏騎手

IMG_6873.JPG
2003年 第39回福島記念 メイショウドメニカ 大西直宏騎手


「ミヤギロドリゴはクセが強くてね。でも苦労して抑えて追い込みが決まると凄い脚を使ってくれた。」
「メイショウドメニカはこの時1番人気で…。」

そのときの様子を、まるで昨日のことのように細かく丁寧に説明してくれます。
「大西ポイント」と呼ばれた福島競馬場の大西騎手ならではの仕掛けどころの話も。
サニーブライアンやカルストンライトオのおかげで逃げが得意と思われるけど、本当は追い込みが好きとか。
福島競馬場の小回り、新潟競馬場の直線レース。それぞれのコースの違いによる面白さなど…。

大西先生は競馬の話になると、時間がいくらあっても足りないほど熱く語ります。
普段の会話が1とすると、競馬のことを話すと100…いえ、1000くらいかもしれません。


記憶が鮮やかに残るのは、それだけレースに真剣に臨んできたから。

競馬一つ一つに賭けてきた大西先生の人生・想いが、強烈な記憶として刻まれているのでしょうね。






posted by ニッシー at 15:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。