2009年09月17日

大西校長、頑張っています

2009年9月14日。

この日は大西先生は48回目のお誕生日でした。

そして国際馬事学校の校長に就任した記念日でもあります。


大西先生…いえ校長。
立場が変わって何か変わりました?
DSC05481.JPG
「校長と呼ばれるのは慣れないね。」

今まで通り「大西」と呼んでほしいと照れる先生。

でも意識が明らかに変わってきたと言います。
今までは前校長の鈴木先生や他の先生方に、厩舎管理やレッスン方針を全てお任せしてきました。
それが今では馬1頭1頭の健康状態、飼料の仕入れなど全てを把握するためメモを片手に走り回っています。

スケジュールやレッスンも、無駄に時間を過ごす事が無いよう凝縮したものに変えたり。
とても意欲的に毎日を過ごしています!



「でもレッスンは今まで通りだし、生徒ともこれまでと同じように接してるから。」

DSC05636.JPG
生徒が扱いにくい馬に乗ってなだめてあげたり。

DSC05647.JPG
笑いながら生徒と馬の話をしたりする姿も。
確かに前と同じです。

校長に就任したからといって遠い存在になったわけではないみたい。
厩舎作業でも何でも全般的に関わる機会が増えたので、生徒との距離が逆に縮まったように見えますね。


声を出して皆を引っ張っていく、いわゆる親分肌とは全く違うタイプの大西先生。
ですがその静かな表情の中に見え隠れする情熱が伝わってきます。
馬のために、生徒のために、学校のためにどうすれば良くなるのか。
スタッフと話し合い力を合わせてやっていくつもりです。

「ただ、やっぱり馬に乗っているときが1番楽しいけどね。」
DSC05661.JPG
確かに先生は騎乗する姿が一番似合っています。

机に向かう仕事は苦手。
いつまでも現役の「馬乗り」でいたい。
馬に乗る楽しさ、喜びをずっと感じながら生きていきたい。


そんな大西校長のいる学校です。
posted by ニッシー at 16:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

馬に関しては疲れ知らずの先生です♪

9月に入りました!

そろそろ8月19日に行われた競馬学校騎手課程一次試験の結果が届く頃です。
ドキドキしながら通知を待つスタッフ一同。
試験が終わってから穏やかな日々を送っていましたが、また緊張感が高まってきました。


試験当日は朝から夕方まで競馬学校に付き添って騎手班を見守っていた大西先生。
早く結果が知りたくてたまらない様子です。
もう少しです。
楽しみに待っていましょう!


さて大西先生、先生も騎手班の試験を見届けたあと(8月20日〜)、夏休みに入っていましたね。
楽しいお休みだったのでしょうか?

「1週間以上休ませて貰ったからね。帰省したり同級会に参加したり、ゆっくり休めたよ。」


リフレッシュできた様子で何よりです。
新学期もまたお願いします!

画像 050.jpg
久々の乗馬スタイルですね!


この日に学校の分場から来た馬に試乗するようです。
生徒がレッスンで乗る前に、まずは先生が感触を確かめるのです。


画像 101.jpg
「おいおいあせあせ(飛び散る汗)

騎乗アシストしたYくん、馬から離れすぎです〜。

画像 102.jpg
「ビックリした〜ダッシュ(走り出すさま)

でもあれだけ離れていてちゃんと乗れるのですね…さすが。




軽く常歩〜速歩、そして駈歩とスムーズに進んでいるようですね。
画像 141.jpg
マウナロアちゃんに乗った感じはどうでしたか?

「いいよ。明日からレッスンに出せると思う。」


その後は篠原先生のレッスンを生徒と談笑しながら見ていました。
画像 202.jpg
基本的には無口でクールな大西先生ですが、生徒とはいつも冗談を言い合ったりして盛り上がります。

…意外ですよね。



サマータイムスケジュールが終わった今は、毎日凝縮された時間を送っています。
その分、大西先生はじめスタッフみんながとても忙しく動き回っています。
画像 242.jpg
先生もスケジュールや厩舎管理など考えることがいっぱい。
翌日のレッスンのこと、厩舎作業の手順…。
あれこれ頭を悩ませながら行動に移していきます。




「思い立ったら即、行動」が信条の大西先生。
その切り替えの早さ、臨機応変さにはいつも感心してしまいます。

画像 262.jpg
1度決まった予定も、生徒と話し合いながら次々と変更し、再決定していきます。



「頭や身体を動かしているのは楽しいよ。」

馬が好きで、馬に携わって生きてきた30数年。
現役時代を含めて、馬の仕事を苦に感じたことは1回も無いそうです。

これといった趣味を持たない先生ですが、だからといっていわゆる「馬バカ」ではありません。
ONとOFFは誰よりもハッキリしています。
ONの時は馬のことでいっぱいにし、OFFの時は何もかも忘れてのんびり過ごす。
これが一つのことを長く続けられる秘訣なのでしょうね。

posted by ニッシー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。